昆虫料理研究家、昆虫料理研究会代表。昆虫の味や食感、栄養など食材としての可能性を追究。普及・啓蒙活動を精力的に続けている。著書に『楽しい昆虫料理』(ビジネス社)、『昆虫食入門』(平凡社新書)、『食の常識革命! 昆虫を食べてわかったこと』(サイゾー)、共著に『人生が変わる! 特選 昆虫料理50』(山と渓谷社)、監修に『食べられる虫ハンドブック』(自由国民社)がある。
出身地
長野県長野市(1950年 生まれ)
現住所
日野市
好きな食用昆虫
アブラゼミ幼虫、カイコ卵、オオスズメバチ初期蛹、シロスジカミキリ幼虫、モンクロシャチホコ幼虫の糞、ハキリアリ女王
入会の動機
長野出身ということで昆虫が食べられることは分かっていました。しかし私が昆虫食に興味を持って取り組み始めた1998年頃はまだまだ奇食と考える人がほとんどでした。そこで昆虫も普通に栄養があって美味しい食材であり、日本でも昔からイナゴやハチの子が食べられてきたことを、科学的に正しく伝えることが大事と考え、この会に参加しました。
やりたいこと・野望
昆虫にはどんな栄養があるかとよく聞かれます。機能性を含めてどんな栄養があるかが分かる「昆虫食品成分表」を会としてつくれたらいいなと思います。今後昆虫を普通の食品として普及させるには栄養成分の明示が必要不可欠です。

書いた記事はまだありません